よくある諸症状


コレステロール
中性脂肪が高い

コレステロールに関しては、一般的に悪いというイメージがあると思いますが、高くても問題が無いとするような意見も見受けられる検査値です。実際コレステロールは、生命機能を維持する上で必要な物質です。コレステロールは、一般的に大きく分類すると「悪玉コレステロール=LDL」、「善玉コレステロール=HDL」、があります。一般的な検査で測定されるのもこの2種類です。

身体には必要なコレステロールですが、LDLが高すぎたりHDLが低すぎたりすると動脈硬化の原因となり、心筋梗塞など重篤な心血管障害のリスクが上がると言われているため、日本の臨床現場では治療を行っております。LDLコレステロールが140mg/dL以上を高LDL-C血症、HDLコレステロール40mg/dL未満を低HDL-C血症と定義されています。下げる数値目標は研究結果によって更新されていきますし、年齢や合併症によっても変わります。自覚症状が無いため治療することに抵抗感を持つ方も少なくない病気ですが、心血管障害を発病してからでは遅いこともありますので早めの受診・治療をお勧めします。

中性脂肪(トリグリセライド)は、体を動かすエネルギー源として使われます。蓄えられるのは主に肝臓ですが、エネルギーとして使われないで余ってくると脂肪肝の原因となります。それ以外にも動脈硬化や糖尿病のリスクにもなります。中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dL以上であると高トリグリセライド血症と言われます。中性脂肪は食事の影響を受けやすく変動しやすいですが、常に高い方は下げることが望まれます。食生活の改善や運動も大きな効果がありますが、それでも不十分な場合は薬物治療が必要です。

血圧が気になる方、健康診断で指摘された方など、受診をお勧めいたします。