下部消化管内視鏡検査


大腸カメラのご案内

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)とは

内視鏡により大腸の中を観察し炎症、ポリープ、癌などを診断する検査です。特に、近年では大腸がん患者数が増加傾向であり、重要性が増してきている検査です。

まず受診を。

胃カメラはお電話での予約を受け付けていますが、大腸カメラはまず受診が必要となります。

検査前のお食事や下剤などの前処置が胃カメラより複雑であることと、患者さんの状態を把握することが胃カメラよりも重要だからです。
受診していただいて病状を把握して検査日を決定します。その後、食事に関する注意事項、必要な検査食や下剤などをお渡ししいたします。

検査当日

2Lの下剤を飲んでいただきます。

これが大腸の洗腸の主たるものですが、大腸カメラで不安の声がよく聴かれるポイントでもあります。

下剤を飲んでいただいて腸の中が空っぽになるとそれ以上の排便は基本的に起きません。基本的には、自宅で飲んでいただいて処置が完了次第病院に来ていただくことになります。

しかし、不安の強い方や、ご高齢の方、札幌など遠方からいらっしゃる方には心配が尽きないと存じますので、当院で下剤を飲むことも選択できます

大腸カメラ

前処置が完了したらいよいよ大腸カメラを挿入します。使用するカメラは柔らかいものを採用しております。解像度に関しましても拡大観察が可能な高性能カメラです。(FUJIFILM LASERIO)

当院では苦痛の少ない内視鏡検査を目標としていますので鎮静剤を使用して検査を受けていただけます。その場合は車の運転ができませんが、当院は恵庭駅前という立地ですので、JR、バス、タクシーを利用しやすい環境であるのは大きな利点があります。

カメラで観察する際にはガスを送気することにより腸を膨らませて観察します。当院では単なる空気を用いずに、二酸化炭素ガスを送気しています。二酸化炭素は体への吸収が早いため検査中と検査後の腹部膨満感の改善に役立ちます

大腸カメラで苦痛を少なくするためにはカメラの性能・鎮静剤・ガスの他に、挿入法も大事になります。鎮静剤を使わなくても苦痛をできるだけ出さないことを最重要課題として常に取り組んでまいりましたので、以前の大腸カメラで痛みがあって辛かったという方にも安心して受けていただきたいと思っています。

検査中に大腸ポリープがあった際

検査中に大腸ポリープがあった際にはそのまま日帰り切除が可能です。当院では術後の出血が少ないといわれているcold polypectomyで切除を行っています。血をサラサラにする薬の内容や、ポリープの大きさ・形、癌が疑われる場合など、状況によっては切除を行うことのリスクが高いと判断した場合は切除を行わず、入院加療が可能な専門医療機関へご紹介させていただくこともあります。

Scroll to Top