上部消化管内視鏡検査


胃カメラのご案内 

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)とは

内視鏡により食道・胃・十二指腸の一部を観察し炎症やポリープなどを診断する検査です。

  • 胃の中がキレイになっていないと検査に時間がかかったり、検査が受けられない場合があります。
  • 経鼻カメラと経口カメラを選択することが出来ます。特別なことが無い限り経鼻をお勧めします。
  • 経口カメラの場合は鎮静剤を用いて施行することにより、楽に検査が行えます。但し、車の運転は出来ませんので公共交通機関で来院してください。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)には
鼻から挿入する経鼻カメラと、口からの経口カメラの二通りの方法があります。

経鼻カメラ

メリット

  • 経口カメラよりも咽頭反射を極力抑えることができるため、経口カメラで辛い体験をされた患者さんでも楽に検査を受けることが出来ることです。これこそが唯一にして最大のメリットです。

デメリット

  1. 画質が落ちることです。カメラが細くなる分、レンズも小さくなるからです。
    高性能カメラを備えることにより、このデメリットを最小限に抑えています。
  2. アレルギー性鼻炎等で鼻腔が狭いと鼻を通らない場合があることです。
    この場合は、経鼻カメラを経口で挿入することができます。経口カメラより径が細いため、通常の経口カメラよりは楽に検査を受けることが出来ます。
  3. 血をサラサラにする薬を飲んでいる方や鼻出血を起こしやすい方では鼻出血リスクが高いことです。
    薬の強さや鼻出血の頻度を考えて経口カメラをお勧めする場合があります。

経口カメラ

メリット

  1. 経鼻カメラよりも画質に優れており、消化管癌の既往がある方にお勧めします。
  2. 止血などの処置を行えることです。組織採取(生検)は経鼻カメラでも可能ですが、吐血・黒色便が認められた患者さんでは出血している可能性がありますので、経口カメラの方が良い場合があります。

デメリット

  • 経鼻カメラよりは辛いことです。
    技術的な面と鎮静剤で極力サポートすることができます。

諸注意

検査前日

  • 21時以降の食事はできません。
  • 水、お茶、ポカリスエットのような透明で内容物が無い液体は摂取可能です。

検査当日

  • 朝食は絶対に食べないで下さい。検査日を後日に再調整することになります。
  • 飲水は「水」であれば検査の2時間前まで可能です。
  • 内服薬は朝7時までには内服してください。但し、糖尿病のお薬、血をサラサラにする薬は飲まないでください。

事情により、午後に胃カメラを受けたい場合

胃カメラは基本的に午前中の検査というのが前提ですが・・・
  • 事情により午後に胃カメラを受けたい場合は、当日の朝8時までに食事をとってください。
  • それ以降は飲み物・薬だけを口にするにとどめてください。
  • 14:00~16:00に受付を済ませれば胃カメラを受けることができます。

当日の緊急胃カメラ

腹痛などで急に胃カメラを受けたくなった場合、ご飯を食べていなくて、当日の検査枠に空きがあれば可能かもしれません。 なるべく早くお電話で問い合わせをお願いいたします。

内視鏡検査のご予約・お問い合わせ

・内視鏡検査をご希望の方は、当院にご連絡ください。
・下記「問診票」、「内視鏡検査同意書」、「検査前チェックリスト」を印刷し、記入してご持参ください。
・大腸カメラは電話予約を承っておりません。一度外来受診が必要です。

胃カメラご予約・お問い合わせ

TEL:0123-29-7037