よくある諸症状


尿酸が高い

尿酸が高いと聞くと、贅沢な食事や多量飲酒を思い浮かべる方が多いと思います。そしてその末路が痛風であり、贅沢病だ、自己責任だと考える人もいるでしょう。痛風で足が痛くなっても(私は体験したことはありませんが発症すると本当に激痛です)、痛みを我慢すればいいだけじゃないか、と考える人もいるかもしれません。

しかし、そういう問題ではないのです。

痛風が起きるような高尿酸血症状態が続くと体にどんどん蓄積して痛風結節と呼ばれる腫れ物ができてきます。見た目も悪くなりますが、靴を履くなどの日常生活にも悪影響が起きます。それなら痛風の延長じゃないか?と思うかもしれませんが、それだけではありません。

最近の研究では高尿酸血症は痛風だけではなく、腎臓、心臓・血管への悪影響があることが分かってきました。痛いとか見た目だけでなく寿命にも影響を与える疾患であるということです。

高尿酸血症を指摘された方はこれを読めば「仕方ない食事減らすか、酒はビールからウイスキーにしようか。」で済ませようと考えるかもしれません。残念ながらそうはいきません。尿酸は食事から作られるのが2割、細胞代謝で作られるのが8割と言われ、体質の問題も大きいのです。また、アルコールは代謝過程によって乳酸が発生しますが,乳酸と尿酸が吸収・分泌の相対関係にあります。つまり、プリン体が少ないアルコールに変えたからと言ってもダメということです。

高尿酸血症を自助努力で何とかできたとしても、体にたまった尿酸を体外に排出するとなるとハードルが上がります。血清尿酸値が7.0mg/dL以上を高尿酸血症としますが、7.0を少し下回ったくらいでは蓄積した尿酸は減りません。なので、薬物治療をおすすめいたします。尿酸が気になる方の受診をお待ちしています。