よくある諸症状


漢方薬について

日本の医療は基本的に西洋医学に基づいて診察・検査・診断・治療が行われております。その有効性・有益性に関して疑う余地は無いと考えております。しかし、これだけ医療技術が発展した中でも、全ての症状に対して西洋医学的な診断及び治療が出来ているわけでは無いのことも事実と考えます。

「精密検査は受けて異常は無いと言われたが、症状は実際にあって困っている。」このような患者さんの話を聞くこともありますし、私が地域の中核病院で勤務していた際にも多く経験しました。医療技術は年々進歩していき、自分の診療スキルも向上させていく中で、理解出来る・治療できる疾患は増えていきました。にも拘らず「こぼれ落ちてしまう症状・疾患」と言うものは存在し、年々強く意識するようになっていきました。

何とかできないものか、と考えた私は漢方薬に活路を見いだしました。漢方的な概念・薬を用いることにより、今まで「こぼれ落ちてしまう症状・疾患」と考えていたものの中に、治療が出来るものがあることを実感しました。漢方専門外来と言えるほどのものではなく、補助的な使用と言う位置付けになりますが、今後も精進していきたいと考えております。

漢方薬は飲みにくいし気分的に飲みたくないという方もおられますので、希望される患者さんに対してのみ漢方薬の処方は行います。漢方薬だから西洋薬との併用はできないということはありません。西洋薬だけでの治療が上手くいっていない患者さんに、上手に両者を利用して症状を和らげることが出来たら幸いと考えています。