よくある諸症状


熱が高い、喉が痛い
咳・たんが出る

このページを見ている方の頭の中には「風邪」と言う言葉が浮かんでいるかと思います。いわゆる「風邪症状」というものは非医療者でも理解されやすいと思います。「患者が風邪と診断するな、医者が判断して始めて風邪だ。」なんていう話は、私が医師になってから実際に見聞きしたことはありませんので、本当に言っている人がいるのかなとも思っています。

しかし、あながち間違いと言うわけでもありません。風邪症状の原因が必ずしも「風邪」とは限らないからです。具体的に申しますと扁桃炎、気管支炎、肺炎と言った上気道・下気道の疾患は考えやすいですし、感染性疾患の他に喘息などのアレルギー性疾患があります。後に気道以外の重症疾患であると判明したけど初期症状は風邪症状だけだった、という例も大きな病院で勤務していた際に経験しました。

「一言で風邪症状と言っても多様で侮れないこともあります」と、言いたいのであって、不安を煽りたいわけではありません。大きな疾患は頻度として多いわけではなく、現実的に多いのは「風邪」ですので心配し過ぎるのも禁物です。

風邪に話を戻しますと、風邪はウイルス性疾患です。西洋学的治療では細菌性疾患に関しては抗生物質と言う伝家の宝刀がありますが、ウイルス性疾患では無効です。逆に、副作用や耐性菌を造りだして不利益を生じる事がありますので、ご希望されても処方できないことがあることは知っていただきたいと思います。しかし、ウイルスか細菌かは症状だけでは判断できないこともあるのが悩ましいところです。厳密に言うとマイコプラズマやカンジダと言った非ウイルス・非細菌が原因のこともあるからです。

色々述べましたが、「風邪かもしれない」くらいの気持ちでも是非受診してください、と言うのが結論です。軽症であれば不要かもしれませんし、希望されない方には行いませんが、症状が強い場合は検査をお勧めします。当院では血液検査、各種迅速診断キット、レントゲンで検査可能です。