よくある諸症状


脈が速い、遅い、
乱れる

脈とは心臓から押し出される血液の拍動です。脈が1分間に50以下の場合を徐脈、100以上の場合を頻脈と呼びます。運動量が増加したり興奮したりすることにより速くなることは生理的頻脈であり、元々遅めな生理的徐脈の人もいます。

しかし、安静にしていても動悸がする、脈のリズムが規則的ではない、脈が遅すぎるといったことは不整脈であるかもしれません。不整脈は心臓の異常であることもありますし、甲状腺の異常や貧血と言った全身性のものもあります。脈の乱れを自覚=不整脈とは限らないこともありますので、まずは血液検査と心電図検査を受けることが重要です。当院で行うことができます。

実際に不整脈があった場合にも、治療の必要のない不整脈、治療をしていく必要のある不整脈、緊急的に治療の必要な致死性不整脈など様々なタイプがあります。治療の必要のない不整脈、専門機関で治療が行われ安定した不整脈、甲状腺や貧血といった心臓以外が原因の不整脈に対する原疾患への治療に関しては当院で引き続き診療を行うことができます。ですが先に申した通り、心臓が原因で要治療の不整脈や緊急治療が必要な不整脈に関しては適切な医療機関への紹介を行いますのでご安心ください。