よくある諸症状


血圧が高い

血圧は全身の血管に血液を流すために必要なものですが、高すぎる血圧は血管を痛めることにより血管障害だけでなく臓器障害も引き起こす可能性があります。高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれていたりもしますが決して大袈裟ではなく、治療すべき疾患として認識されています。

高血圧は世界的に140/90mmHg以上と定義されています。そして治療目標は年齢、持病などにより異なり、その基準も更新されてきております。概ね140/90mmHg未満を目指すことにになりますが、合併症によってはそれより低く下げる必要があったり、高齢者の場合は基準を緩める必要があったり、個々の患者さんの状況により変化します。基準と言うものを全ての患者に当てはめなければいけないというものではありませんし、状況に応じて臨機応変に対応していくことが必要と考えております。

また、高血圧には分類があります。本態性高血圧と呼ばれる原因を特定できない高血圧が最も多いですが、二次性高血圧と呼ばれる何らかの疾患が原因で引き起こされる高血圧もあります。疑わなければ気づかなかったり、通常の薬物治療に抵抗性であったりする場合があります。当院では二次性高血圧も念頭に置いて診療を行い、疑わしい場合は専門医療機関への紹介も行っております。

重要なことですが、血圧は「病院で測定するよりも家庭血圧が優先される」ということです。1日1回でもお家で血圧を測ってきていただけると診療がスムーズになるだけでなく患者さんにもメリットがあります。

血圧が気になる方、健康診断で指摘された方など、受診をお勧めいたします。