よくある諸症状


血糖が高い、
尿糖が出た

生活習慣病の中でも特に気を付けなければいけないのが糖尿病であると考えています。

食事で摂取されたブドウ糖は、腸で吸収されて血液に取り込まれた後に、肝臓や筋肉などの組織に運ばれてエネルギーとして利用されます。そのため、食事により一時的に血糖値が上昇します。しかし、糖尿病になると食後血糖値が高すぎる、あるいは高値が長く続くという状態となります。尿に糖が出るためには血糖値がある程度高くならないと出ないため、尿糖が出ているということは糖尿病の可能性があるということになります。

高血糖になると何故だめなのか?実は1つの事柄だけでなく多くの事柄でマイナスに働くことが分かっていますが、メインと言えるものは全身の大小の血管障害を起こすことです。血管が障害されるということは、その血管の先にある各種臓器・筋肉・神経などに悪影響を与えるということを意味します。3大合併症と呼ばれる網膜症(目)、神経症、腎症というものをご存知の方もおられると思いますが、それ以外にも多彩な疾患の原因となる可能性があります。糖尿病を患っていることにより、糖尿病以外の疾患の治療の際にも不利益を被ることも珍しくありません。

糖尿病は大きく分けると2種類に分かれます、一般的には1型と2型とに分類されますが、成人してから発症する場合のほとんどは2型糖尿病です。2型糖尿病の多くは生活習慣病と言う名の通り日常生活が主因です。そのため、糖尿病治療において患者さんの治療意欲と言うものが非常に重要であると実感しています。初期は自覚症状がありませんし、ある程度数値が悪化してもすぐに症状が出るというものでもありません。ですが、進行して合併症を起こしてからでは遅いこともあります。よって、医師は色んな薬を用いたり日常生活への指導を行なったりします。ですが、日常生活中でも大きな「食事」に関わりますので、医療者が考える一番いい方法が患者さんの状況と余りに異なると治療自体が上手くいかなくなってしまいます。個々の事情に応じて治療内容も変化させていく必要があることを肝に銘じています。

健康診断で指摘された方は勿論ですが遺伝性の要因もありますので、血縁関係に糖尿病を患っている方がいらっしゃる場合も要注意です。お悩みの方は受診することをお勧めいたします。